ハクビジン

意外な鳩の被害

たくさんの鳩

日本に多く住んでいる鳩

このごろ、自宅のベランダに鳩が巣を作ってしまい、悩んでいる家庭が多くあります。このような被害をもたらす鳩のほとんどが、ドバトという種類です。この種類は、ユーラシア大陸のカワラバトが飼い慣らされて日本に持ち込まれたものです。古来より伝書鳩として飼育されて、人と密着した生活を送ってきました。鳩が街中に当たり前のように存在するのは、人との長い共存関係があったからといえます。このドバトの大きさは30センチくらいで、灰色、白色に近いものから黒っぽいものまでいろいろな修理があります。もともと断崖に営巣する習性があることから、日本のマンションなどの高いところに住み着いてしまうことが多いです。ドバトが住宅に住み着くと、色々な被害がもたらされます。よって、早期の対策が重要です。

追い払うための有効な対策

鳩が自宅に住み着くと、鳴き声、糞による臭いや衛生面に関するトラブルが発生します。鳩というのは帰巣本能が強く、一度住宅に住み着くと必ず戻って来るようになります。戻ってこないようにするには、いろいろな対策方法があります。まず大切なことは、糞の清掃をきちんと行うことです。なぜなら、糞がそのまま放置されていると、鳩は安全だと判断して同じ場所へ戻ってくるからです。なので、対策として、すぐに清掃をこまめにする必要があります。その他の効果的な対策は、鳩を物理的に入れないようにすることです。たとえば、ベランダに網を張るなどの対処が有効です。また、ベランダに鳩が停まる足場を無くすために、ハトピンと呼ばれるものを置いても有効です。ハトピンは先がとがっているので、鳩を効率よく追い払えます。

Copyright © 2015 様々な害獣の駆除【被害拡大する前に的確な準備を】. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加